保健師の職場はさまざまです

保健師の仕事に就職するには

保健師の仕事内容といっても非常に幅が広く様々なものがあります。大きく分けると三つに分けることができます。1つ目は国や地方自治体で勤務する行政保健師、2つ目は学校で勤務する保険の先生として仕事する学校の保健師、3つ目は企業の医務室などで働く企業保健師などがあります。

主な仕事内容としては勤務する社員の方や学校に通っている学生に対して、健康の管理や健康面でのアドバイスをして健康を維持するための助言などをします。学校の保健師に関しては通常の保健業務以外にも事務的な作業を行うことがあり、通常の公務員と似たように書類の作成や書類管理、情報の入力など一般業務としてとてもスタンダードな事務作業も必要となります。

学校保健師は生徒のみならず、学校で働く教職員や事務員、清掃員などにも健康管理や健康維持についてのアドバイスを行っています。一般的に保健の先生と呼ばれる人のことを学校保健師のことをさしています。さらに教職員や社員などの健康維持に保つことを目標として、健康維持をPRするために広報誌などを発行している保健師もいます。

健康について深い知識を持ってもらうために公演などを行って啓蒙活動している保健師の方もいらっしゃいます。 こういった内容の仕事は学校保健師や企業保健師が主に行っていることですが、行政保健師となると各省庁の国の出先機関、保健所など多方面での活躍が求められています。

行政保険者に関してはこれらの国家公務員や地方公務員等、民間の人ではない身分の方の健康維持や健康管理についてのアドバイスをしていくことが多いです。保健センターに勤めている行政保健師は各市町村に住んでいる住民の方の健康維持やお年寄り等の保険料、また幼いお子さんなどの健康を維持管理も行っています。

現在ではさらに、保健師の役割として現在の健康状態を維持するだけが目的ではなく、予防措置にも力をいれています。 例えば、新型インフルエンザをはじめとした伝染病に対して、拡散を防ぐために未然に予防する対策も行っています。

↑ PAGE TOP