保健師は看護師よりも働きやすい?

保健師と看護師の違い

保健師の仕事と看護師の仕事は似ている部分もあるのですが、大きく違うところと言えば看護師は主に臨床の現場で仕事をするのが多いのに対し、保健師は市町村や地域の保健所、学校や一般の企業など幅広い分野で健康や医療に関するアドバイス的な役割をすることが多いです。

そして疾病予防に関する話し合いや折衝業務も多々あり、他には一般的によく行われているような事務作業も発生します。

保健師の仕事は看護師の仕事に比べて臨床経験がどうしても少なくなりがちですが、より広い範囲の色々な業務をこなすという面では、保健師の仕事の方が色々体験できるところがあって、看護師だけを経験してる方よりも色々な業務について覚える機会がとても多いのが特徴です。

逆に言うと、その分看護師よりも覚えることが多いので大変ではありますが、やりがいの大きい仕事です。覚えるという面では、保健師の方が大変かもしれませんが、看護師のように残業やシフトによる勤務時間の変動等が少ないので、そういった面で言うと体調管理や体力面では看護師よりも楽と言えます。こういったことも保健師転職が人気の理由です。

ただ精神的には人とダイレクトにコミュニケーションをする仕事なので、かなり精神的には強い人でないと難しい仕事ともいえます。それをやりがいとしてできる方なら問題ありませんが、気持ち的にどうしても落ち込んでしまったりショックを受けやすいという方はなかなか難しい仕事といえるかもしれません。

例え行政機関に勤めている方でも市町村から委託を受けて民間に出向く機会もないとはいいきれません。 その場合に公務員としての福利厚生は受けることができないので、実際の業務は過酷な条件にもかかわらず、給与に見合ったものではないということがあります。理想であれば直接雇用で行政機関にそのまま勤めるのが理想です。

総合的に保健師と看護師を比べてみると、就業時間や働く環境により差がありますが、看護師のほうが若干給料面では高いことが多いです。ただ、公務員保健師でも福利厚生を含めると、場合によっては高いこともあります。

↑ PAGE TOP