保健師を目指している方は要チェックです!

保健師になる難易度とは

もしあなたが看護師としての資格を持っているのであれば文部科学省大臣指定の学校で、6ヶ月勉強すると厚生労働大臣指定養成所の卒業それか、外国の保健師学校卒業または回復保健師免許と外国保健師免許の認定を受けた人に受験が認められています。

保健師の資格を取るというのはイメージとしてとても難しそうなイメージがありますが、実際は看護師の免許を取った人の中の90%以上は合格できる資格と言われています。ただし、その後が重要で保健師として資格を取った後にその資格を生かしたところに就職が内定できるかというとそこはまた難しい状況となっています。

現在日本ではまだまだ保健師を受け入れている企業や団体が少ないのでどうしても研修や専門知識を体験できるような機会が限られてしまいます。そういった中でいかに自分で体験したり、知識を増やせるかどうかというのが保健師になるための重要なポイントとなってきます。

しかしそんな中でも保健師を企業として採用するところも増えてきています。なので、そういった企業へ応募するなどして自分の保険師としてのキャリアをスタートさせるのがベストと言えます。

実際にはどのようなところで保健師の方が働いているのかというと公務員が非常に大きな割合を占めています。現在は看護師と保健師では、看護師の方が多いですが不規則な業務形態や夜勤勤務などがあり、保健師を希望する人が増えています。

現在では、看護師と保健師の両方の職務経験がある人は色々な採用試験においても優遇されています。両方を経験している人はなかなか少ないので臨床経験や現場経験の看護経験のある保健師ですと、非常にどの企業や行政機関もそんな人材はとても重宝がられています。これからは看護師に保健師の両方の知識がある方は求められていると言えます。

ただ、現在も保健師を採用するという企業が増えているとはいえ、全体的に見るとまだまだ仕事自体が少ないので就職の際においては、なにかセールスポイントをもたないと苦労するといえます。

↑ PAGE TOP