男性保健師が重宝がられる仕事とは?

男性の保健師について

保健師の方は女性の方が多いというイメージがありますが、男性の保健師求人も増えてきてはいます。とはいえ、最近増えてきたとは言ってもまだまだ、男性の保健師の数は女性の保健師に比べて圧倒的に少ないです。

ただし、保健師というのは男女間で特に、異なるような仕事あったり、待遇が変わるというわけでもないので性別を気にせず保健師になることができます。

ただし、力がいる現場に近い業務は男性の保健師が行うことが多いです。現場での体の不自由な方へのサポートなど力仕事が必要な時は男性保健師が重宝がられます。 企業や学校においてもそういった体力面や身体的理由で力作業となるサポートが今後も増えていくと予想されるので男性の保健師は現場のニーズに合った存在といえるでしょう。

最近の傾向として行政にしても一般の会社にしても、また非営利団体や学校など保健師が行って社員や学生たちのさまざまな健康管理や健康トラブルについてアドバイスを送るという状況を求められています。

企業での過重労働などは現場にいるサポートできる存在が必要です。 家族などでは相談に乗ることができても実際の業務面では理解していないケースが多いので、その点、現場に配属されている保健師というのはとっても頼りになる存在です。

最近は特に業務でのストレスから病気やうつ状態を起こしてしまう人が増えているため、こういった保健師を置いているところはそのような予防にもなります。 ただ、こういった保健師配属している企業というのは大企業ほど力を入れています。 中小企業やその他規模の小さい施設等や会社などはそこまでの余裕がなく、保健師を雇っているケースは少ないです。

特に力仕事の多い会社などの体調管理やメンタル面での管理は同性の保健師の方が現場に好まれています。 なぜなら、そういった力関係の仕事に就いている人というのは男性が多いので現場の気持ちを理解できる同性である保健師の方が理解しやすいという理由があります。 それゆえにこういった現場では男性保健師の採用について有利に働く場合があります。

↑ PAGE TOP