海外で保健師の資格を活かして働く為には?

保健師の海外での活動について

世界的に見れば日本の保健衛生に対する制度は充実してる方だと言えます。そういった環境もあり、日本では保健師という仕事はありふれた資格の一つですが、海外ではこのような保健師についてあまり知られていない部分があります。

そのため、保健師として、日本で働いていてもいざ海外で保健師の仕事に転職を考えてみたところでそういった職業自体を募集しているところがなかなかないというのが現状です。

そういった中で最初に考えられる選択肢としてはグローバルに活動している企業への保健師転職です。海外にいくつもの拠点を保有しているグローバル企業であれば海外に勤務している駐在人や現地の社員に対して、健康管理や保健指導のため出向という形で保健師として働く事も可能です。

こういった企業は日本で保健師の仕事をしていて、海外へ出向されるケースも珍しくはありません。現地で働く社員や駐在人の多くの人はその土地の慣れない風習や文化に戸惑いを隠せず、ストレスを抱えて業務を続けている人も珍しくはありません。

そういった人たちへのサポートも考慮し、保健師の存在が大変貴重になっています。日本メーカーのグローバルな家電製品などの大企業は海外にも大規模な工場などの拠点があるため、海外で保健師を派遣したりしているケースがよくあります。

そういった企業は海外に拠点を置く健康センターような機関に配置されていますのでそこで、業務活動を遂行するということが頻繁に行われています。また日本で活躍する保健師達が海外の保健をさらに向上させようとサポート活動を行っています。

派遣途上国に派遣され、その土地で必要な健康管理や支援教育活動などを行っています。渡航先となるのはまだまだ、医療が充実していない東南アジアなどが中心で発展途上国では、資金面などを理由に満足に治療を受けることができない人々が多く、そういった人をできるだけ多くサポートできるように国際協力機構推進の下、サポート活動に参加することがあります。

もちろん、保健師だけではなく医師もサポートの一環として現地に派遣され保健師とともに現地の人々に適切な健康管理や保険サービスを提供するようにしています。 このように定期的な発展途上国のサポート活動があり、日本の保健師は海外でも高く評価されています。

↑ PAGE TOP